MENU

過払いになる利率は?

 

過払い金とは、「余計に取られた利息」のことです。
つまり、払いすぎたお金ということですね。

 

借金をかかえている人は、一度過払い金の請求をしてはどうでしょうか?

 

返してもらうのが当然のお金なので、しっかり返してもらいましょう。

 

 

 

過払い金が発生するのは、法律が改正されたからです。

 

借金の利息は、「利息制限法」で利率が決まっています。

 

例えば、借金10万円〜100万円以下なら、利率は18パーセントになります。

 

この利率を超えた利息が発生していると、過払い金請求することで
返してもらえるんです。

 

 

 

少しややこしくなりますが、過払い金といっても出資法には違反していないので、
「利息制限法」には違反になっても「出資法」はOKということです。

 

黒でもなく白でもなく「グレーゾーン金利」といわれています。

 

 

 

このグレーゾーン金利に当てはまっている人は意外と多いかもしれません。

 

借金完済後でも未完済でも、一度弁護士や専門家に相談してみるといいです。

 

過払い金には、「時効」があるので早めに行ってみましょう。

 

特に、借金返済が困難になっている人は、過払い金が返ってくると、
借金にあてることができます。

 

 

 

相談には費用が必要ですが、事務所によっては無料相談もありますよ。

 

 

一押しサイト

 

借金地獄

 

借金地獄にはまってしまった人が脱出する方法について詳しく説明しています。

 

もし借金の返済が苦しいのであれば、参考にしてください。