過払い利息 計算方法

MENU

過払い利息の計算方法

 

グレーゾン金利という言葉を聞いたことがあるでしょうか。

 

お金を借りると、「利息」がつきます。

 

返済するときは、借りたお金と利息を返していきますよね。

 

この利息は、「利息制限法」という法律で10万円から100万円未満なら、

 

18パーセントです。

 

つまり、決まった利息以上払っていたら、過払い利息が請求できます。

 

過払い利息の請求をすることで、払いすぎた利息を返してもらえます。

 

 

 

過払い利息の請求は、裁判所で手続きをしますが、個人でもできます。

 

費用のかかる弁護士や司法書士に依頼しない人もいるようです。

 

しかし、弁護士に依頼すると、金融業者などからの督促が止まります。

 

もし督促されて悩んでいる人は弁護士に依頼した方がいいと思います。

 

督促は精神的に辛くなることもあるので、費用がかかっても過払い利息の手続きは
依頼した方がいいでしょう。

 

 

 

しかし、過払い利息って、いくら位なのか?

 

気になりますよね。

 

でも、過払い利息の計算方法って難しそう!

 

 

計算方法が知りたいと思いますが、実はソフトがあるんです。
ややこしい計算方法より、ソフトを使った方が楽ですよね。

 

「パソコン」と「消費者取り引き履歴」があれば、計算方法が分からなくても
過払い利息が分かります。