MENU

過払い金請求は何年前までできる?どれくらい遡れるの?

借金を完済してから何年も経つけれど、過払い金請求はできるのか?

 

と疑問を持っている人は多いです。

 

素人考えでは、何年も前の借金では無理そうな感じがしますよね。

 

 

 

何年前の過払い金まで請求できるのかと言いますと、10年前までさかのぼることができます。

 

この時ポイントとなるのが、最終取引日です。

 

最終取引日から10年以内であれば、過払い金を請求することができます。

 

完済している状態であれば、完済した日が重要というわけです。

 

 

 

10年を過ぎると時効になってしまい、どんなに過払いがあっても取り戻すことはできません。

 

逆に言えば、10年以内であればその会社に対して余計に支払っていたお金をすべて取り戻すことができます。

 

例えば、

 

5年にわたって過払いしていた消費者金融に対して、完済後10年以内であれば、5年すべての過払い金を取り戻すことができるということです。

 

だからこそ最終取引日が重要なんですね。

 

 

 

ただこの時注意したいのは、完済したり借金をしたりと繰り返している場合です。

 

一度完済してから再び借りる期間のことを空白期間と言います。

 

 

空白期間が長いと、空白期間を挟んだ前後の取引を別物とみなされる可能性があります。

 

過払い金請求が遅いと、空白期間前の取引が時効となり大幅に過払い金が減る可能性があるわけです。

 

なので、もし完済している状態であればデメリットもないので、早めに弁護士に相談して過払い金を取り戻したほうがいいですよ。